風俗キャッシング

風俗の方もキャッシングのお申込みはこちらから

風俗でもキャッシングは可能

キャッシングを利用するお客様の職業はまちまちです。上場企業の役員もいれば、一般的なサラリーマンやOLも居ます。そして、正社員のみならず、アルバイト、長期派遣、契約社員、自営業と言った、いわゆる正社員以外の方もいるのです。一般的にキャッシングは、「安定した収入があること」を申込条件に挙げており、これを満たして且つ20歳以上であれば、申し込むことができるのです。

 

では、アルバイトでも、キャバクラ嬢などの水商売に就いている人は、キャッシングを利用することは可能なのでしょうか。
結論から言えば、風俗でもキャッシングは可能です。なぜなら、先述した2つの条件を満たしているからです。もちろん、審査の段階で借入が多かったりすれば、審査に通ることはできませんが、金融会社が認めさえすれば、キャッシングの利用は可能なのです。

 

しかし、残念なことに、世の中の多くの人は、風俗というだけで特別な見方をしてしまうのです。例えば、金遣いが荒いとか、ろくな奴はいないとか、こんなのはまともな仕事ではないとか、異性からお金をぼったくるとか、そのような偏見を持ってしまうのです。風俗であろうとお堅い職業であろうと、まっとうに仕事をして生計を立てていることには変わらないのです。また、最近では、風俗で働く人たちの特徴に、変化が現れています。

 

かつでは風俗と言うと、特別な仕事というイメージがありました。しかし、最近はそうではなく、一般的なOLも風俗で働く人が増えてきたのです。というのも、リーマンショック以来、不況が長引いており、収入面において、ままならない状態が続いているからです。バブル期とは打って変わって、何をしても儲かるという時代ではなくなってきているのです。

 

平日は会社で働くOLも、本業の給料だけでは足りなくなってきているのです。また、世に名前の知られている大企業でさえも、倒産や人員削減は決して珍しくはありません。もし今働いている会社が、倒産や人員削減を行い、自分もそれらの要素の影響を受ける人の1人になったらと思うと、本業の給料のみに頼るのは、極めて危険と感じるのです。また、物価が高騰しているため、家賃もその他の生活費も、以前より多く費やす必要が出てきているのです。

 

しかし、物価は上がっても、給料が上がることはありません。ならば、このまま本業のみで生活を切り詰めるのではなく、副業として風俗で働いて、副収入を得ようと考えるようになるのです。しかも、風俗のお仕事は、他のお仕事に比べ、時給単価が高いので、短い労働時間で効果的に稼げると言われているのです。その結果、風俗店で働くOLが増えるのです。

 

このように考えてみると、風俗で働いている方がキャッシングを利用するのは、決して悪いことではありません。風俗のお仕事は、来店したお客様をもてなし、楽しんでいただくことですから、立派なサービス業に従事していると言えるのです。お客様に楽しい時間を過ごして頂き、その対価としてお金を頂くのですから、立派な価値の提供になるのです。